生活習慣病の1つである腎臓病。生活習慣病を予防するためにも、日常の生活を見直す必要があると思います。そんな中で、腎臓病を予防するためには運動が必要なのでしょうか?運動をするということは、肥満を防止することが出来ますよね。腎臓にとって、肥満になってしまうと、腎臓に流れる血液量が増えてしまうので、腎臓にかかる負担も大きくなってしまうのです。腎臓に負担がかかれば、それだけ腎臓の機能も低下してしまうため、腎臓病にかかるリスクも高くなります。また、運動をする際は、適度な運動をするように心がけることも重要です。急に激しい運動を行ってしまうと、もし、腎臓の機能が低下していた場合、クレアチニンや尿素という老廃物を作り出してしまうことになり、腎臓に負担をかけてしまうことになるのです。さらに、急激に運動を行うと、汗をかき、体内の水分量が急に減ってしまうことになるので、これもまた腎臓に負担をかけることとなってしまいます。このようなことから、腎臓病を予防するには、適度な運動が必要だと言われているのです。肥満を予防・解消するには、体の基礎代謝量をアップさせたり、体力を低下させないようにしなくてはなりません。そのためには、一日30分程度のウォーキングを毎日の日課にするなど、軽い運動から始めていくと良いと思います。そして、体が運動することに慣れてきたら、少しずつウォーキングの時間や距離をのばしてみるのもいいかもしれませんねー